公営交通事業協会HOME主な事業協会案内事業・財務報告会員都市ホームページリンク一覧
   
    平成19年度 路面電車事業の活性化に関する調査研究 本文目次 
調査研究事業一覧



PDF書類には
ADOBE READERが必要です。
ダウンロードしてご利用ください。
 
はしがき
1 はじめに   
    日本の路面電車のあゆみ

1
2 わが国の路面電車事業の現状   
(1) 日本の路面電車の経営主体
(2) インフラ面の特徴
(3) 運行面の状況
(4) 収支の現状
(5) 公営5者の概要
3 路面電車事業活性化への取組 11
(1) 増収策への取組   
    (乗客数の増加対策)
     運賃制度と割引運賃
     乗換え・乗継ぎ等ネットワークの整備
     運行サービスの向上
     走行環境の改善
     バリアフリー化、低床車両の導入
     ICカード等の導入
    (経営資源の活用)
     車体・車内広告
     ネーミングライツ等
     オリジナルグッズの企画販売
     売店、自動販売機の設置等駅(電停)施設の有効活用
(2) 沿線地域との連携    13
     路面電車事業の沿線地域との連携
     トランジットモール 社会実験の意義
(3) 観光資源としての路面電車
   (車両そのものによる観光資源化)
     復元レトロ電車等
     イルミネーション電車の運行等
     イベント電車等の運行
     路面電車を身近に感じてもらう試み
    (各種イベント共催による観光事業化)
     路面電車まつり等の実施
     観光企画乗車券の発売
4 地域自治体との関係(支援・関与)    46
(1) 当該自治体及び近隣自治体との関係
(2) 事業者から活性化に向けて地域自治体に対する意識・連携についての要望 
5 路面電車事業の活性化の課題    49
(1) 公共交通によるまちづくり計画の策定 
(2) 諸外国及び他都市の事例、アイディアの活用 
(3) 市民との合意形成
(4) 環境問題への対応
(5) 規制緩和等
(6) 地域公共交通活性化・再生法の活用
6 おわりに    60
参考文献  委員等名簿  調査研究会開催経過   
資料編   
(路面電車事業活性化に関するアンケート調査結果)
(1) 増収策への取組 1
(2) 沿線地域との連携 5
(3) 観光資源としての路面電車 6
(4) 地域自治体との関係(支援・関与)について 8
    このページのTOP 公営交通事業協会HOME
HOME / 主な事業 / 会報 / 協会案内 / 事業・財務報告 / リンク